SBGとは

東京の各地区(各学区)の高校生が、一団体として部活動の成果を発表する、中央音楽大会がきっかけでした。
1983年、当時18才だった東京都第6学区(墨田・江東・葛飾・江戸川区)の都立高校の吹奏楽部の卒業生によって結成され、第6学区(Six)、卒業生(Old Boy、Old Girl)というところから、「SBG Wind Orchestra」と名付けられました。

中央音楽大会の様子
中央音楽大会の様子。(1982年1月15日)

結団の趣旨はOB、OGバンドでしたが、設立から30年を経た現在では団員を広く一般公募し、より幅広い人間関係を基にした市民バンドへの変革が図られ、団員の層も広がった楽団となっています。